格安レンタルサーバーのLINKCLUB HOSTING X
 

月間転送量無制限

LHXは、月間転送量無制限で、お客様の自由度の高いウェブサイト構築・運営を奨励しています。転送量の制限がないので、ウェブサイトを作るときに動画や画像を、転送量を気にせずに使えるようになります。また、無制限というだけでなく、転送速度(訪問者のページ表示速度)も従来のサービスと比較して大きく向上しています。「無制限」「高速」の快適環境は一度経験したら手放せません。

転送量とは

転送量は、ウェブサイト運営者がネットワーク上に転送するデータの量だと思われがちですが、実際は、運営しているウェブサイトを訪れた人のパソコンに転送されるデータの量(サイト訪問者がホームページを見るときに受け取るデータ量)のことをいいます。 つまり、動画や画像を多用したデータ容量の大きいウェブサイトや、訪問者が多い人気サイトほど、転送量は多くなるということになります。

転送量に制限が設けられると、ウェブサイトを作っていく上でジレンマを抱えることになります。自分のウェブサイトをたくさんの人がみてほしいと考え、ウェブサイトの中身を充実させていくことは転送量を増やすことにつながりますし、結果として人気サイトになったとして訪問者が増えれば増えるほど超過料金が発生してしまいます。これでは、転送量の超過課金を気にしながらの運営で、手間もストレスもかかってしまいます。
無駄な手間やストレスが一切かからない転送量無制限。
転送量無制限は、もはやレンタルサーバを選ぶ上で外せない項目の1つです。

あえて言及することではないかもしれませんが、転送量無制限の意味するところは、転送量が∞(無限)に許されるということではありません。転送量∞は物理的に不可能ですが、これは極端な話にしても、あまりに過剰な転送量を持つためにサーバに同居する他ユーザのウェブサイトに悪影響を及ぼしているとLHXが判断したウェブサイトは、上位サービスへの乗換え手続きを取っていただくことになります。あらかじめご了承ください。

 

マルチドメイン無制限

マルチドメイン無制限で、コスト抑制、複数サイト一括管理、戦略的なサイト構築・運営が可能になります。複数のサイトを管理していてコストを抑えたいというお客様におすすめのサービスです。

マルチドメインとは

通常、1レンタルサーバーの契約あたり1ドメインしか持てません。 マルチドメインとは、1つのレンタルサーバーの契約で複数のドメインが利用できるサービスのことをいいます。LHXなら、複数のドメインをディスク容量の120GB以内なら無制限に利用できます。
まず、ドメインをいくつ取得管理しても、レンタルサーバーの費用は変わらないので、コストを抑えられます。
また、ドメインの違う複数のウェブサイトを1つのコントロールパネルで管理できるので、面倒な再契約も必要ありませんし、管理機能が複数ある煩わしさもなくなります。 さらに、複数のドメインから1つのサイトに案内させるという訪問者増をねらった戦略やSEO対策も立てることも可能になります。

ただし、帯域やCPUに過度は負荷をかける利用をされた場合は、利用を制限する場合があります。

 

メールアカウント無制限

複数のメールアカウントをディスク容量の120GB以内なら無制限に利用できます。LHXは、メール中心のご利用をお考えのお客様の需要にもしっかりとお応えします。

LHXのメールサービスLinkMailは、IMAP、ウェブメールを備え、ネット環境であればどこでも便利にメールをお使いいただけます。さらに「メーリングリスト」や「メールマガジン」などのメール機能、「メールサーバウイルスチェック機能」「スパムメールフィルタ機能」といったセキュリティ機能が無料でご利用いただけるなど、納得のスペックでご提供しています。

 

サブドメイン無制限

LHXなら、複数のサブドメインをディスク容量の120GB以内なら無制限に利用可能です。サブドメインを作るのに料金はかかりませんので、まさに作り放題です。
例えば、「lhx.com」というドメインを持っているとすると、

aaaaa.lhx.com
bbbbb.lhx.com
cccccc.lhx.com
ddddd.lhx.com

のようなサブドメインを無限につくることができます。

 

FTPアカウント無制限

FTPアカウントの複数作成が行えます。これにより、複数人で1つないしは複数のウェブサイトを管理することが出来ます。アカウント毎に別々のドメイン・サブドメインを割り振るなど個々の役割に応じて与える権限の比重を変えることが出来るので、高度な制作・管理チームを組織化することも可能です。

 
 

このお申込みページで入力されたお客様の情報は、SSL暗号化通信によって保護され送信されます。